ミドリムシの栄養成分が分かるサイト

【59種類】ミドリムシの栄養成分が分かる!

スーパーフードでもあるミドリムシには59種類の栄養素が含まれています。ある専門家はミドリムシが持っている栄養素だけで人間は生きていくことが可能なんて見解を示していたりします。そんなミドリムシが持つ栄養を全部抽出して紹介していこうと思います。

まずはミドリムシが持っている栄養素をチェックしてみましょう。

ビタミン群 α-カロテン、β-カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK1、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸
ミネラル群 マンガン、胴、鉄、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、ナトリウム
アミノ酸 バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン、リジン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン、チロシン、トリプトファン、グリシン、セリン、シスチン
不飽和脂肪酸 DHA、EPA、パルミトレイン酸、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、エイコサジエン酸、アラキドン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸、ジホモγ-リノレン酸
その他 パラミロン(β-グルカン)、クロロフィル、ルテイン、ゼアキサンチン、GABA、スペルミジン、プトレッシン

ミドリムシに含まれる栄養素は上記の表通りになります。これだけ多くの栄養素を含む微生物というのはあまり多くなく非常に優れた微生物であることがわかります。

ミドリムシが含む栄養素の働き

ここで多くの栄養素を含むミドリムシですが各栄養素が私たちの体にアプローチしてくれる働きを見ていきましょう。知っているようで知らないことが多いかもしれませんよ♪

ビタミン群の働き

ミドリムシのビタミン群はビタミンBを多く含みながら普段は摂取がしにくビタミンD、Kといった栄養もしっかりと補給することができるようになっています。

ビタミンは酵素の働きを助けるとされておりダイエット、美容、健康といった全ての働きにアプローチしてくれる栄養素です。人間の体にビタミンは必要なものであり欠乏症になると様々な症状やトラブルが表面化されてきてしまいます。

通常の食事からもビタミン群は摂取ができようになっていますが、どうしても不足しがちになるビタミン群も存在します。そんな不足ビタミンの補給としてもミドリムシは大きく活躍してくれる期待値が高い食品となっています。

ミネラル群の働き

ミネラルを含む栄養素は私たちの体の機能を正常に保つために働いてくれます。ミネラルというとカルシウムや鉄分といったイメージがありますがそれだけではなく亜鉛、ナトリウム、カリウムなど多くがあります。

バランスよく摂取することで体の機能が的確に働いてくれて太りにくい体。免疫力のある体を作ってくれます。

ミネラルは食事から摂取するのが基本ですが欧米化された食事の日本では昔に比べるとミネラル不足が躊躇になっており意識して補給した栄養素の一つにも挙げられています。

アミノ酸の働き

主にアミノ酸はタンパク質を構成する栄養素とされており体のエネルギーを作りだす素材です。またダイエットを意識している人には脂肪燃焼をして痩せやすい体質作りに欠かせない栄養素にも挙げられています。

アミノ酸には必須アミノ酸、非必須アミノ酸と分類することができます。特に必須アミノ酸は体では合成できない栄養素のため食事等から補給するのが基本となります。食事に偏りがあるとバランスの良いアミノ酸を摂取できない状態になるので太りやすく疲れやすい体を作ってしまいます。

食事からバランス良くアミノ酸が摂取できない場合はサプリメントなどで補助するケースも多いです。ミドリムシには人間が必要とされる必須アミノ酸を多く含んでおり食事に偏りがある方にこそベストサプリメントとも呼べます。複数のサプリを併用しなくてもミドリムシ1つで補えるのは大きなメリットになるのではないでしょうか。

不飽和脂肪酸の働き

不飽和脂肪酸の中には現代人が不足しており厚生労働省も意識して摂取するべきと発表しているオメガ3系脂肪酸などがあります。これらはα-リノレン酸、DHA、EPAなどが含まれており魚油、亜麻仁油や荏胡麻油といったオイル系から摂取ができるようになっています。

しかし、現在は魚をたくさん食べるといった習慣が少なくなり多くの人が不足しています。ミドリムシにはこのDHA、EPA、リノレン酸も含んでいます。魚油やオメガ3系を含むオイルに比べると含有量は少ないですが、それでも必要な栄養を微量ながら補給できるのはかなり心強い素材となります。

不飽和脂肪酸には脳の働きを活発にしたり肌の保湿力を上げてくれるといった性質もあります。積極的に摂りたい栄養素の一つなので魚を食べない方はミドリムシから補給すると良いでしょう。

その他の働き

ミドリムシに含まれるその他成分で最も注目されているのがパラミロンと呼ばれるものです。パラミロンは無数の穴が開いており、その穴に体の中にある老廃物を吸着して排出するといった機能が確認されています。

その他に分類される栄養素も補給しておくことで相乗効果を生み、体に良い影響を与えてくれるものとなります。

ミドリムシはどうやって摂取すればいいのか?

さて、これだけの栄養を含み私の生活をサポートしてくれるミドリムシを補給するにはどうすれば良いのでしょう。現在はミドリムシを含む健康食品が多く販売されるようになりました。

飲料、お菓子、ラーメンなどにもミドリムシが配合されています。しかし、私の中で最も効率的で吸収率も良いミドリムシの摂取を挙げるとするならばサプリメントからの摂取を推奨します。

サプリメントであれば水と一緒の飲むだけです。また通販等で多くのミドリムシを含有した製品があります。直接、胃や腸に流すので消化率も早くそれだけ体への働きも早いのがサプリメントのメリット。

またどのようなサプリを選べば良いのか?といった疑問は口コミや利用者の評価を参考に選べば失敗も少なくなるはず。みどりむしサプリメント.bizでは口コミを集め実際に管理者も利用してレポートを挙げてくれていました。飲みやすさや含有量などもしっかりと調べてくれているので非常にミドリムシ選びの参考になるサイトだと思います。

ちなみに私はミドリムシが流行る前から販売されている老舗ミドリムシのバイオザイムをもう2年近くは愛用しています。

トップへ戻る

ミドリムシまるわかり録

Copyright © ミドリムシの栄養成分が分かるサイト All rights reserved